妊娠中の運転免許更新!つわりで免許失効させないための便利な制度も

妊娠中が発覚して喜んでいたのもつかの間、つらいつわりの時期がやってきました。赤ちゃんにとって大事な時期だと分かっていても、やはり眠気や吐き気などのつわり症状はつらいもの。中には立ち上がることもままならないほど体調が悪化する妊婦さんもいます。

しかしまだまだ妊娠初期で、お腹のふくらみは目立たず、周りの理解を得ることが難しい時期でもありますよね。

こんなときに、自動車免許更新の通知ハガキが来たらどうすれば良いのでしょう?今回は妊娠中の免許更新について、先輩ママの知恵と便利な制度をご紹介します。

スポンサーリンク

 

つわりがひどい時の免許更新を乗り切るために

妊娠中の免許更新1

つわりがひどい時の免許更新でいちばん辛いのは、やはり長時間の講習ですよね。

優良運転者でしたら30分で終わりますが、一般運転者でしたら1時間、違反があった場合は2時間とかなりの時間拘束されます。

 

座っているだけでもしんどい妊婦さんにとって、この2時間の拘束はなかなかキツイものです。しかも長い時間の途中退席をしてしまうと、免許が貰えない可能性もあるとか。

 

先輩ママに聞いたところ、講師にあらかじめ妊娠中だということを伝えておくと、トイレなどの途中退席も少しは目を瞑ってもらえることもあるみたいです。

出入り口からいちばん近い席に座らせてくれるなど、細かい配慮をしてくれることもあるそうなので、講習が始まる前につわりがひどいことをきちんと伝えておきましょう。

あらかじめ講習会場にいちばん近いトイレの場所を確認しておくことも、講習中の安心感につながります。

 

期間前の更新手続きができる制度も

g106

できることなら、つわりがひどいときの運転免許更新は避けたいところ。実は、妊娠中には「更新期間前の更新手続き」が可能です。

「これからつわりがやってくる…」「出産の時期と更新期間が重なりそう…」なんて人には便利な制度です。妊娠中以外にも「ケガや病気」「海外旅行や出張」などで期間内の更新が難しい場合も、期間前更新ができます。

 

普通の更新と同じように免許センターで更新ができますが、お近くの警察署内でも更新手続きができるそうです。

つわりの時期と更新期限が重なってしまうときは、ぜひ利用したい制度ですね。

スポンサーリンク

 

妊娠中に運転免許の更新期限が切れてしまった!

妊娠中は体調不良や気持ちに余裕が無かったりすることが多く、うっかり免許の更新期限が過ぎていた…なんてことも。この場合は、特別な事情がない限りは運転免許失効ということになってしまいます。

しかし失効後6カ月以内でしたら学科試験や技術試験を受けずに、所定の講習を受けるだけで再取得することができます。

 

免許再取得にかかる費用は、講習費や受講料など合わせて6000円程度です。

受付時間は普通の更新時と異なることもあるようですのでご注意を!

 

「免許の更新忘れてた…!」なんて人もまだ諦めずに、免許再取得に向けて早めに準備しておきましょう。

 

入院していたときは期限後の更新が認められる?

g50

重度のつわりや妊娠悪阻などで免許更新期間に入院しており、更新に行けなかった場合は『やむを得ない事情』として、例外的に期限後の更新が認められるそう。

運転免許失効後6カ月以内の場合、決まった手続きをすることで以前の運転経歴を引き継ぐことができます。

ゴールド免許の人は引き続きゴールド免許を持つことができるので、便利な制度です。

 

『やむを得ない事情』と認められる為には、病状入院期間などが確認できる証明書類が必要です。必要事項をきちんと確認して、医師に相談しましょう。

 

 

▽話題のアイテムもお得な訳あり商品もALL1000円!▽

楽天で1000円ポッキリのおすすめ商品をご紹介。買いまわりセールで損なし!
楽天の買いまわりセール中は、購入したショップ数に応じて買いまわったすべての商品の付与ポイントがアップします。 ここで気を付け...

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA