クラシエッセンス

アラサー女子が毎日を楽しく過ごすために、ちょっとだけ役立つ情報を発信しているサイト

ダイエット

冬にオススメの白湯(さゆ)ダイエット!効果と続けるコツを検証。

投稿日:2016年10月17日 更新日: 投稿者:rika

芸能人やモデルの中でも実践している人が多い白湯(さゆ)ダイエット。色々なダイエット方法がある中で、白湯ダイエットを実践している人が多いのにはワケがあります。

今回は魅力的な白湯ダイエットの効果無理なく長く続けるコツを、筆者の体験を交えて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

白湯ダイエットの効果とは?

ダイエットだけでなく健康法としても注目されている白湯ダイエット。白湯を飲むことで体内のバランスを整えることができるとか。白湯の大まかな効果は次の3つです。

・体内のデトックス効果
・身体を暖めて冷え性改善
・脂肪を燃焼しやすくする効果

白湯ダイエットでいちばん効果が感じられるのは、身体全体がポカポカすることだと思います。自分が冷え性だと感じている人は、特に効果を感じられるはず。

これから寒い冬がやってきます。白湯ダイエットを始めるには最適な季節なので、ぜひ挑戦してみてください。

楽チン白湯ダイエット

白湯ダイエット

白湯ダイエットのいちばんの魅力はお金や手間暇をかけずに簡単に挑戦できること。簡単ということは長く続けられる、ということに繋がります。

やかんでお湯を沸かすことすら面倒臭いと感じる筆者のような方もいると思います。そんな方は電子レンジを使うと手間なく作れますよ。

耐熱性のコップに水をいれて沸騰するまで電子レンジでチンするだけ。カルキなどの不純物を抜くために、フツフツと沸騰させるのがコツです。それを少し冷ましてゆっくり飲むようにしましょう。簡単ですね!

スポンサーリンク

白湯ダイエットを続けるコツ

白湯ダイエット

白湯ダイエットを長く続けるためには、白湯を飲む時間帯を毎日の日課にしてしまうことが大切。下記は筆者が実践している白湯を飲む時間帯の一例です。

・朝起きた後
・午前中の家事の息抜き時
・夕飯の前
・お風呂上がり
・夜寝る前

筆者は時間を決めて白湯を飲むことは、最初はきつく感じました。しかしだんだん身体が慣れてきたのか、朝起きた後や休憩時には「白湯が飲みたいな~。」と感じるように。

なんでも白湯を飲み続けることで徐々に腸内の老廃物が洗い流され、白湯が甘く美味しく感じられるようになるとか。白湯が美味しくないと感じる人は、まずは美味しく感じられるまで続けてみてはいかがでしょうか。

もちろん体調の悪い日や気分が乗らない時間帯は、白湯を飲まないこともあります。しかしなるべく毎日の日課にすることで、無理なく続けていけそうですね。

スポンサーリンク

-ダイエット


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

蒸し生姜パウダーを使った簡単レシピ。冷え性やダイエットに効果的!

生姜といえば、身体を温めて冷え性の人に効果的であることが知られていますよね。確かに生姜を摂取すると、身体がポカポカしてきます。 今回は蒸し生姜の効果と効率的に摂取する方法、蒸し生姜パウダーを使った簡単 …

本気でダイエットしたい人はTwitterを始めよう!

Twitterダイエットを始めるメリット 最近Twitterではダイエット専用アカウントが流行っています。ダイエット専用アカウントとは、 「こんなダイエットしてるよ。」 「少しリバウンドしてしまいまし …

ラーメンを我慢しないでダイエット成功?ラーメンを食べても太らないコツ

突然ですが、こってりラーメンって美味しいですよね。 最近はラーメンブームなのか、色々な場所でラーメンイベントなんかが開催されています。わたしの好きなラーメンは、関西で有名な「天下一品」のこってりラーメ …

肥満の原因はモナリザ症候群?由来と予防策を知ろう

みなさんはモナリザ症候群を知っていますか? 実は日本人の肥満の原因は、ほぼモナリザ症候群からくるものだといわれているそうです。今回はそんなモナリザ症候群の由来と原因・予防策について見ていきたいと思いま …

習い事でダイエット!痩せたい女子にオススメの習い事10選

目次1 ダンス系の習い事で楽しく痩せる!1.1 ベリーダンスでくびれメイク1.2 初心者から始められるエアロビクス2 自由な時間にダイエット2.1 ダイエットには鉄板のジムで痩せる2.2 ヨガで汗を流 …

デスクワークでの太る習慣は?デスクで実践できるダイエット5つ

ダイエットに敏感なOLも見落としがちなデスクワークでの太る習慣。ふだん何気なくしている行為が肥満への第一歩かもしれません。 実はデスクワークには太りやすい要素がたくさんあります。今回はそんなデスクワー …