バウンサーとハイローチェアどっちを選ぶ?違いとオススメ商品をご紹介!

新しくベビーグッズを揃えるにあたって、「バウンサーって何?」「ハイローチェアって何?」と思っているママやパパも多いと思います。

「結局、同じようなものでしょ!」とよく考えずに購入してしまうと、のちのち後悔してしまうことになりかねません。

 

バウンサーとハイローチェアには明確な使い道の違いがあります。きちんと違いを知って、赤ちゃんにぴったりの居場所を見つけてあげましょう。

スポンサーリンク

バウンサーとは

簡単にいうとリクライニング機能がついたユラユラ揺れるシートのこと。

背面がメッシュ生地になっているものや、コンパクトに折りたためるものが人気です。

 

ママが料理しているやお風呂に入っているときなどに、お赤ちゃんのちょっとした待機場所として使うことができます。

また赤ちゃん自身の動きでユラユラ揺らすことができるので、泣き止まないときに乗せてあげるとご機嫌になりますよ。

バウンサーはこんな人にオススメ!

・ベビーベッドを既に持っている

・ちょっとした赤ちゃんの居場所を作りたい

・泣き止ませる手段として使いたい

・主に夏に使用する

バウンサーはいつからいつまで使える?

フルフラットにならないバウンサーは赤ちゃんの首や腰がすわってから使用できるので、基本的に生後2.3ヵ月から使用できると考えておきましょう。

新生児期から寝具として使うことはできないものが多いので、赤ちゃんを長時間寝かせたい人には不向き。ベビーベッドとの併用がオススメです。

しかし中には新生児期から使えるバウンサーも販売されているので、「ベビーベッドは持っているけど、ベッド以外で赤ちゃんの昼間の居場所を確保したい」と考えている人はチェックしてみてくださいね。

 

バウンサーを使える期間は商品によって違いますが、大体2歳までのものが多いようです。

しかし赤ちゃんが自由に動けるようになると、バウンサーにしばられるのを嫌がるようになります。どうしても目が届かないときのみの使用になってしまうので、使用できる期間はそんなに長くないことを考えて購入しましょう。

 

ハイローチェアとは

ハイローチェアは簡単に言うと、ゆりかごと椅子の機能が合わさったもの。リクライニング機能がついていてフルフラットになるので、新生児期から使うことができます。

ハイローチェアの基本的な機能として、高さが変えられるというのがポイント。

着替えやオムツ交換のときには低く、離乳食を食べる時には高く調節することができます。着脱式のテーブルがついているものを選べば離乳食を食べさせるときにも便利です。

 

バウンサーと違い、ハイローチェアは赤ちゃんの寝具として使うことができます。リビングや寝室で、赤ちゃんの寝る場所としてハイローチェアはぴったりです。

大きなベビーベッドの置き場所に困っている人ベビーベッドを購入する予定のない人は、ハイローチェアを検討してみても良いと思います。

ハイローチェアはこんな人にオススメ!

・簡易ベッドとして使いたい

・ベビーベッドを持っていない

・リビングでの赤ちゃんの寝場所が欲しい

・新生児期から使いたい

どんなハイローチェアが人気?

赤ちゃんが入眠しやすくなるスイング機能がついていたり音楽が流れたりと、赤ちゃんの眠りをサポートする様々な便利機能がついたハイローチェアが人気のようです。

柔らかいクッション通気性もポイントです。赤ちゃんがぐっすり眠ってくれるとママの負担も減るので嬉しいですよね。

ハイローチェアはバウンサーに比べて大きいので持ち運びには不向きですが、キャスター付きのハイローチェアを選ぶと部屋間の移動も簡単にできますよ。

利用目的に合わせて、赤ちゃんにぴったりのハイローチェアを見つけてあげてくださいね!

 

ハイローチェアはいつから使える?

フルフラットになるハイローチェアは新生児期から使うことができます。わたしは長女を妊娠中に購入して、退院後すぐに使用していました。

赤ちゃんが成長したあとも食事用の椅子として使うことができるので、長く使うことができますよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA