2人目妊活のためグリーンルイボスティーを再開。普通のルイボスとの違いを比較。

無印良品のグリーンルイボスティー

1人目の妊活中には「妊娠しやすい体をつくる」とい話題になっていたグリーンルイボスティーを愛飲。

そのおかげか(?)、めでたく長女を妊娠・出産しました。

 

そろそろ2人目を・・・と考え始めたときに、ちょうど無印良品にてグリーンルイボスティーのペットボトル飲料を発見。お茶はいつも茶葉派ですが、物珍しさから購入して飲んでみるとこれが美味しい。

ペットボトルなので煮出す手間も省けて良い。すっかりハマってしまいまとめ買いw

 

そもそもグリーンルイボスティーが妊活に良いと言われる理由はなんなのでしょうか。また、普通のルイボスティーとの違いも調べてみました。

 



 

無印良品のグリーンルイボスティー

 

わたしが現在愛飲しているのは無印良品のグリーンルイボスティー。500mlのペットボトルです。

無印良品のグリーンルイボスティー

そろそろ肌寒い季節になってきたのでティーバッグ茶葉が欲しいなと思い調べてみましたが、無印良品ではグリーンルイボスの茶葉の販売はしていないそう。残念。

 

 

ちなみに無印良品では《ルイボスグリーンティー》というティーバッグが販売されていますが、こちらはルイボスティーとグリーンティー(緑茶)がブレンドされているもの。

名前が似ていて紛らわしいのですが、グリーンルイボスティーとは別物なので注意。

 

 

グリーンルイボスティーと普通のルイボスティーの違い

 

グリーンルイボスティーの特徴はなんといっても非発酵であるということ。

普通のルイボスティーと同じルイボス茶葉を使用しているのですが、グリーンルイボスは発酵させず低温で乾燥させて作られています。

そのため発酵させて作られる普通のルイボスより、抗酸化作用のあるフラボノイドやミネラル、さらには血糖値の上昇を抑えるアスパラチンが豊富なのです。

 

  • 抗酸化作用のあるフラボノイド
    ・・・約10倍
  • ダイエット効果のあるアスパラチン
    ・・・約50倍

 

妊活中にグリーンルイボスを選ぶ人が多いのは、この抗酸化作用の高さにあります。わたしも身体を錆びさせないためにしばらく飲み続けようと思います。

 

 

普通のルイボスとの味の違い

 

普通のルイボスティーは独特の香ばしいクセがあります。わたしはこれが好きなのですが、中には苦手な人もいるでしょう。

 

その点グリーンルイボスティーはあまりクセがなく、さらりとした味わい。どことなくお番茶のようなほのかな渋みも感じます。

飲み比べをすると一目瞭然なのですが、同じルイボス茶葉でもかなり違います。食事にもティータイムにも違和感なく合わせられるのがいいです。

 

赤ちゃんや子供にグリーンルイボスはOKか

 

ノンカフェインで栄養価が高いということで最近は保育園や幼稚園でもルイボスティーを取り入れているところが多いそうです。

ちなみに、うちの娘もルイボスティーが大好き。現在、我が家の作り置きのお茶は全てルイボスティーです。

 

こちらは楽天で購入しているオーガニックのルイボスティーのティーバッグ。

ルイボスティー

 

大容量の割には近所のスーパーや薬局で買うよりかなりお安い。2gの小さめティーバッグですが、味がしっかりしているので作り置きにも使用しています。

 

 

 

ではグリーンルイボスティーはどうなのかと調べてみると、こちらももちろんノンカフェインで赤ちゃんや妊婦さんも飲めます。

 

 

ですが懸念点として、少ないながら《タンニン》という成分が含まれています。タンニンは緑茶などに含まれる苦味成分で、まれに赤ちゃんの便が硬くなることがあるそう。

グリーンルイボスティーは低タンニンとはいえ、いきなり大量に飲ませることは控えた方がいいかもしれません。

 

中にはタンニンの量を最小限に抑えたグリーンルイボスティーもあるようです。栄養豊富なグリーンルイボスティーを上手に取り入れたいものです。