紫もち麦と一般的なもち麦を比較。毎日無理なくポリフェノールが摂取できそう。

micro

毎日もち麦を食べている我が家。もち麦のダイエット効果にはかなり満足していたのですが、最近紫もち麦というものが気になっていたので、早速購入してみました。

購入ショップは、いつももち麦を購入している楽天のタマチャンショップ。質の良い国産のもち麦が手軽に購入できるオススメショップです。

タマチャンショップ 紫もち麦

今回は紫もち麦の味のレビューと一般的なもち麦との違い、注目の栄養素をチェックしてみたいと思います。

 



一般的なもち麦と紫もち麦の比較

 

こちらが紫もち麦。さきほど紹介したタマチャンショップのものです。

紫もちむぎ

紫もち麦って、思ったより紫っぽくないんですw全体的に紫色なわけではなくところどころ紫がかっている感じ。

 

写真で比較するとこんな感じ。一般的なもち麦と比較すると、見た目の違いは一目瞭然ですね。

紫もち麦の比較

 

写真の右が紫もち麦です。少し粒が大きいような感じも。

 

いつものもち麦ごはんと同じように炊飯。時間をおいてしっかり吸水させます。

ちなみにうちはルクルーゼの鍋でご飯を炊いています。簡単にほっこり美味しいごはんが炊けるので炊飯器いらず。お手入れも意外と楽なので手放せません。

紫もち麦の味は

炊きあがり。・・・あれ?紫どこ行った?w

 

ご飯が全体的にうっすらと紫・・というより灰色がかっていて、紫もち麦の色素がお米の方に流れ出たような感じ。もち麦の紫色はほとんど消え、全体的に茶色っぽく。

思っていたよりパープル感はありませんが、いつものもち麦ごはんよりは麦の粒が際立って見えます。

 

一口食べてみると、味は一般的なもち麦と変わりなく白米の味を邪魔しません。

ですが紫もち麦のほうが粒が大きいためか、もち麦の主張が強め。プチプチというもち麦特有の食感に、シャリシャリ?というような口に残る感じがプラスされ、良い風に‪言えば食べ応えがあります。

 

無印良品のバターチキンカレーで簡単にランチ。

紫もち麦

食べ応えががあるのでしっかり噛んで食べられ満腹感が得られるだけでなく、もち麦のβグルカンのおかげでダイエット効果まで期待できます。

 

紫もち麦は普段からもち麦ごはんを食べ慣れているわたしは美味しく食べられましたが、初めてもち麦ご飯を食べる方には少し食感に違和感があるかもしれません。

 

 

注目したい紫もち麦の栄養素

 

タマチャンショップの紫もち麦の販売ページにはこのような記述が。

紫が濃い状態で収穫したもち麦です。 もち麦に比べてポリフェノールの1種、アントシアニジンを多く含み、より一層もちもちぷちぷちの食感が楽しめます。

 

ポリフェノールといえば抗酸化作用をもつ栄養素。《老化防止》という単語に弱いアラサー世代のわたしにとっては、積極的に取りたい栄養素です。

紫もち麦でポリフェノール摂取

いつものもち麦から紫もち麦に変えるだけで、ダイエット効果だけでなくポリフェノールまで接種できるなら変える価値がありそうです。

 

一つネックなのが粒が大きくいこと。食べ応えがあるのはいいのですが、子供や普段もち麦に食べなれていない人には不向きかな?という気もします。初めてもち麦を食べる人は、通常のもち麦で試してみるといいと思います。

 

タマチャンショップ 紫もち麦