気持ちが楽になる!妊娠中に読んで良かった本をご紹介

妊娠中の生活は不安なことばかりですよね。

自分の体が自分のものじゃないように感じられたり、思いもよらないハプニングに見舞われたり。

そんなとき誰かに妊娠体験談を聞いたりして共感することで、モヤモヤした気持ちが楽になることもあります。

今回は筆者が妊娠中に読んで面白かった妊娠体験本を2冊ご紹介します。どちらも読みやすい内容で人気の2冊です。

スポンサーリンク

さくらももこさんの妊娠体験本『そういうふうにできている』

妊娠中に読みたい漫画・本

ご存知「ちびまる子ちゃん」の作者・さくらももこさんのエッセイ本。

さくらももこさんらしい可愛らしい表紙や挿絵に惹かれて購入しましたが、内容はかなりリアルな妊娠体験談です。

 

衝撃の妊娠発覚からどん底のつわり期、妊婦なら誰でも悩まされるであろう「便秘」の話など、妊娠を体験した人なら「分かる分かる~」と共感しながら読めると思います。

エッセイ本といっても軽快なテンポで面白く描かれているので、普段はあまり活字を読まないわたしでもスルスルと読み進められました。

沈んだ気持ちを元気つけてくれた本

妊娠後期、お腹が大きくなってきて行動に制限がかかり、思い通りに動かない自分の体にイライラ。

家に閉じこもって少しマタニティーブルー気味になっていたときに、この本『そういうふうにできている』に出会いました。

 

著者のさくらももこさんが自分と同じように不安を抱えながらもマタニティーブルーに陥った自分を冷静に分析している様子に、とてもパワーをもらったことを覚えています。

妊娠に対する負の感情戸惑いも赤裸々に綴られているので、初めての妊娠に不安を持っている人やこれから妊娠を望む人にも是非読んでもらいたい本です。

スポンサーリンク

リアルタイムな妊娠体験漫画『子宮の中の人たち』

妊娠中に読みたい漫画・本

妊娠中の体の中の様子を擬人化して描いた漫画。

著者のEMIさんが、自身のブログに妊娠発覚から出産までをリアルタイムに描いてきた短い漫画をまとめて書籍化したものです。

 

出版されたのは著者の出産から約1か月後。発売前から重版が決まるなどとにかく話題になっていた漫画です。

漫画「子宮の中の人たち」は、子宮や腎臓などで働く人たちをまるでシステム会社で働く社員のように擬人化し、「妊娠」という大イベントに大慌てで作業している様子を描いています。

そんな大慌てな中の人たちと対照的に、どこかのんびりと妊娠生活を送っているEMIさんの様子も面白いのです。旦那さんである竜人さんとのやりとりにもクスッと笑ったり感動したり。

妊娠中に思いもよらないトラブルがあったり出産時に様々なハプニングがあったりするのも、リアルタイムの実体験漫画ならではです。

著者のEMIさんについて調べてみた

EMIさん(本名・野口絵美さん)はもともと漫画家ではなく、ブログの自己紹介には「インターネット配信者」とあります。EMIさんのブログにちょこちょこ登場する旦那さん・竜人さんも同じくインターネット配信者。

私はこの漫画に出会うまでEMIさんのことやブログのことは知らなかったのですが、EMIさんの独特な表現力世界観にすっかりハマってしまいました。

 

ちなみに「子宮の中の人たち」をリアルタイムに描いていたのはEMIさんが第一子妊娠中のこと。

EMIさんは現在第二子を妊娠中で、その様子も日々ブログに綴られています。育児のことや妊娠中の様子が赤裸々にわかるので面白いですよ。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA