赤ちゃん連れで湯あみの島を満喫するコツ【長島温泉】

みなさんはナガシマリゾートへ行ったことがありますか?

日本最大級の遊園地・ナガシマスパーランド店舗数日本最大のアウトレットがあり、大人も子供も楽しめるスポットです。

その中でもわたしの一押しが長島温泉・湯あみの島

男女あわせて17種類のお風呂が揃う日本最大級の温泉施設です。

黒部峡谷をイメージした女湯「奥入瀬渓流の湯」は大自然を感じられる露天風呂で、一度行くと必ずまた行きたくなること間違いなし♪

 

今回は小さな子供連れでも湯あみの島を思う存分楽しめるコツをご紹介します。

家族みんなで湯あみの島を満喫!

小さな赤ちゃんを連れていると大浴場は利用できませんが、湯あみの島には有料の家族風呂があります。

湯あみの島には家族風呂が2箇所あり、どちらも脱衣所・浴室ともに広々としていて小さな赤ちゃん連れでも安心。

屋外へ続く浴槽からは季節の景観を楽しみながら鳥のさえずりを聞くことができ、家族みんなで大自然を楽しめます。

家族風呂の予約は、当日9時以降にフロントへ電話をして受け付けてもらいます。

わたし達が予約した平日の昼間は、比較的空いているようでした。

しかしこちらの家族風呂、バリアフリー風呂として利用する場合は無料ですが、家族風呂として利用するには入館料とは別に3000円がかかります。

少々痛い出費なので気軽に行けるわけではありませんが、家族みんなで温泉を楽しみたい方にはぴったりです。

 

赤ちゃんに優しいくつろぎラウンジ

3階には広々とした畳敷きのくつろぎスペース・寝ころびラウンジがあります。

こちらはアンパンマンが放送されていたり子供向けの絵本が置いてあったりと、小さい子供連れには嬉しい場所です。

平日のお昼頃は人も少なく、わたしたちが行った時にはほぼ貸切状態でした。

うちの娘もここで絵本を読んだりお昼寝したり。

ブランケットの貸し出しサービスも嬉しいですね!

 

このくつろぎスペース、もう一つのポイントは隣に個室の授乳室とオムツ替えスペースがあるところ。

熱湯も出るのでミルクを作るのもラクラクです♪

赤ちゃんがのんびりお昼寝をしている間に、パパとママは交代で大きなお風呂へGO!

湯あみの島の醍醐味である日本最大級の露天風呂を存分に楽しめますよ。

 

畳敷きの和風カフェテリアでゆったり

湯あみの島3階にはセルフサービス方式の和風カフェテリアがあります。

カフェテリアといっても食事メニューがかなり充実していて、ボリュームのある定食から小鉢まで揃っています。

ここは広々とした畳敷きの空間なので、赤ちゃん連れでも大丈夫!

しかし人気の歌謡ショーが開催されているときは混み合うことがあるようなので、行く前に確認したほうが良いかもしれません。

 

和風カフェテリアのほかにも、ドリンクやスイーツが充実している1階の湯上り茶屋もオススメです。

こちらは3階の和風カフェテリアとは違い掘りごたつ式になっています。

動き回る活発な赤ちゃんがいる場合は目が離せませんが、風情のある和風庭園を眺めながらゆっくり過ごせますよ。

 

最後にお得な利用方法をチェック

知っている方も多いと思いますが、ナガシマ系列のホテルに宿泊するととってもお得な特典がたくさん受けられます。

これはチェックインの際にもらえる通行証を提示するだけで、「ナガシマスパーランド」や「なばなの里」の入場料が無料になるというもの。

 

その特典の一つとして「湯あみの島の入館料が無料になる」というものがあります。

宿泊日当日だけでなくその翌日も利用でき、何度でも利用できるのが嬉しいポイント。

 

赤ちゃん連れのお風呂はどうしてもバタバタしてしまいがちで、湯あみの島の豊富な種類の露天風呂を楽しむのは難しいですよね。

入館料が無料になると何度も湯あみの島に入場できるので、こころゆくまで楽しめます。

もし湯あみの島に行く予定で宿泊も考えている方は、是非ナガシマリゾート系列のオフィシャルホテルに宿泊することをオススメします!

 

オフィシャルホテルが断然オススメ!

ちなみにナガシマ系列のオフィシャルホテルは3つあり、湯あみの島はホテルナガシマの建物内にあります。

赤ちゃん連れで湯あみの島

湯あみの島をたくさん利用したい方はホテルナガシマに宿泊することをオススメします。

 

湯あみの島から近い順番に、

①ホテルナガシマ

②ホテル花水木

③ガーデンホテルオリーブ

ですが、3つのホテルは直接行き来できるように連絡通路で繋がっています

寒い冬でも湯冷めすることがないので嬉しいですね。

 

わたし達がよく利用するのはホテルナガシマガーデンホテルオリーブ。

オリーブは畳敷きの和室なので小さな赤ちゃん連れにはオススメです。

 

ちなみにオリーブから湯あみの島までは連絡通路を通って徒歩10分程度。

歩ける距離ではありますが、途中にエスカレーターがあるのでベビーカーの利用は難しいかも。

 

もう一つのオフィシャルホテル「ホテル花水木」は他2つのホテルより宿泊費が少々お高め・・・

今のところ利用したことはありませんが、チラっと見た感じとっても綺麗な館内なので、是非一度利用してみたいものです。

ホテルナガシマのお得な宿泊プランをチェック!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA