卵アレルギー向けおやつ

卵なし!レーズンとナッツのドロップクッキーのレシピ

たまに無性に食べたくなるレーズンとくるみを使ったクッキーを紹介します♪

鉄分たっぷりのレーズンは、貧血が気になる女性にぴったり。くるみには、抗酸化作用のあるポリフェノールが豊富に含まれています。

どちらも 「アンチエイジング」という言葉が気になる始めたアラサー女子は、積極的に摂取したい食材です*

卵なしのレシピなので、卵アレルギーの娘も一緒に食べられるのが◎

[chat face=”shii.jpg” name=”shii” align=”left” bg=”none” style=”maru”]思い立ったときにちゃちゃっと作れる簡単レシピなので、ぜひ作ってみてくださいねー![/chat]

卵なし!レーズンとくるみのクッキーの作り方

基本的な卵なしクッキーの材料で作ります。甘さ控えめレシピです。

  • バター 40g
  • 砂糖 30g
  • 薄力粉 130g
  • 牛乳 50
  • くるみ 40g
  • レーズン 80g

まずはオーブンを170度で余熱。

そしてくるみの準備をしましょう*

食べやすいようザクザクと切っておきます。もちろんゴロゴロ感がお好きな人は、そのままでもOK。

レーズンとくるみのクッキー1

レーズンとくるみ以外の材料をボールに入れて混ぜます。

けっこう固めの生地なので、混ぜにくかったら手でコネコネするのがおすすめ*

レーズンとくるみのクッキー

レーズンとくるみを入れて、さっくり混ぜ込みます。

レーズンとくるみのクッキー2

わたしは一気に食べきれないので、半分はぴっちりとラップで包んで冷凍庫へ。

使うときは、冷蔵庫で2〜3時間解凍してますよ*

レーズンとくるみのクッキー3

残りの生地をクッキングペーパーを敷いた天板に並べます。いい感じで9個分になりました。

焼きあがったときにレーズンがぽろっと落ちないよう、ぎゅっと押し付けるのがポイント*

レーズンとくるみのクッキー4

余熱が完了したオーブンで20分程度焼きます。

焼いていると、部屋中にいい匂いがふわっと♡

レーズンとくるみのクッキー5

いい感じに焼き色が付いたら出来上がり!

くるみとレーズンがたっぷりで、かなり食べ応えのあるクッキーです。

香ばしいくるみと甘酸っぱいレーズンの組み合わせは、きっとクセになりますよ*

コスパの良いレーズンをたっぷり使いたい!

レーズンはスーパーで買うと少量で高いので、アマゾンや楽天で購入しています♪

通販の方がコスパが良いので、惜しみなく使えます!

わたしは香料や着色料が入っていないものを選んでいます♪

貧血が気になるときのおやつに、ぜひ活用してみてくださいね。