一戸建て建築

リビング階段に素敵な引き戸をつけたい!メーカーや種類を調査。

リクシルの間仕切り

自宅にリビング階段をお持ちのみなさん、冷暖房対策はしていますか?

これから新築を立てる我が家ではリビング階段を採用する予定なのですが、3階建て2階リビングの間取りなので夏や冬の冷暖房の効きが心配なところ。

 

最初に工務店から提案されたのはロールスクリーンやカーテン。

ですが希望していた床暖房も予算の関係でつけなかったので、隙間が空いているロールスクリーンじゃ頼りない気がして・・・

住み始めてから「やっぱりちゃんとした扉をつけておけば良かった(泣)」となるのは絶対に嫌だったので、リビング階段に扉をつけることを検討中。

今回はリビング階段の扉の種類やメーカーについて調査してみたことを書いていきたいと思います。

リビング階段に最適な扉を調査

パナソニックのショールームで聞いた話によると、リビング階段につける扉は《間仕切りタイプ》が1番多いとのこと。

間仕切りとは?

間仕切りとは空間を仕切るための仕切りのことで、ガラス素材のものやアクリル素材・ポリカーボネート素材のものがあるようです。

リビング階段に多いのは、やわらかく光を通す半透明タイプ。

リビング階段の間仕切りアクリルタイプの間仕切り

出典元:https://www.mazikiri.com/sekouzirei/eb-tei.html

全面ガラスの間仕切りも素敵なんですよね!階段からの光をリビングにもたっぷり取り入れられそう。

小さい子供がいると少し怖いですが・・・

ガラスのリビング階段ガラスの間仕切り

https://one-project.biz/2016/06/23/living-staircase-018.html

そして上2つは引き戸タイプですが、空間に余裕がある場合はこんな感じの折れ戸タイプも。

リビング階段の間仕切り折れ戸の間仕切り

https://plaza.rakuten.co.jp/igtookasa/diary/201008080000/

黒のフレームもかっこいいな~

ちなみにリビング階段に扉をつける予定の場合は、扉と階段の間に少しスペースをあけると開け閉めしやすくなるとのこと。

狭小住宅で階段のスペースが最小限しかとれない我が家ではどうなるか・・・

次回施工会社と打ち合わせの日に相談してみたいと思います。

普通の扉をつけるのもアリ?

リビング階段の扉といえば間仕切りかな?というぼんやりとしたイメージでしたが、パナソニックのショールームに行ったときに担当してくれたお姉さん曰く「リビング階段に普通の扉をつける方も多いですよ♪」とのこと。

リビング階段に一般的な扉

参照元:http://www.smile-home.biz/gallery/index.cgi?page=10

光を通すタイプの扉を使用すれば、階段からの光をリビングに取り入れることもできそう。間仕切りに比べて価格がお安いのもメリット。

わたしの友人の家でも、普通の扉をリビング階段に採用しています。間仕切りに比べて安定感がありますが、裏を返せば少し重たい印象。

一日に何回も通る階段なので、それにともなって開け閉めする扉は少しでも軽いほうが良いのかな?

という気はするので、今のところ第一候補はアクリルタイプの間仕切り。

素敵な間仕切り商品とそれぞれの特徴

リビング階段に最適な間仕切りのメーカーと商品の特徴を調べてみました。

タチカワブラインドの間仕切り【プレイス】

リビング階段の扉でよく見るのは「タチカワブラインド」のプレイスという商品。

タチカワブラインドのプレイスタチカワブラインドのプレイス

ちなみにタチカワブラインドは窓周りのブラインドやロールスクリーン、カーテンレールなどを取り扱う会社です。

プレイスは間仕切り商品なのですが、フレームの色や採光を自分好みにできるのが魅力。こんな感じで引き戸だけでもこれだけのデザインがあります。

タチカワブラインドの間仕切りプレイス引き戸のデザイン
選べるフレームカラー7色から選べるフレームカラー

窓部分もフロスト調・クリアの2つから選べるので、ガラスのようにみせることも可能。

フロスト調とクリアフロスト調とクリア

そしてコストも抑えめなのが良いです!

プレイスのパネル部分はポリカーボネート素材(樹脂)だそうで、この素材のメリットとしては、

  • 軽いので開け閉めしやすい
  • アクリルに比べて耐衝撃性が高い
  • 万が一割れてもガラスのように飛び散らない

我が家のように小さな子供がいるとガラスの扉はぶつかって割れたときのことを考えるとちょっと怖い。アクリルやポリカーボネート素材だと少しは安心かな。

実際に実物を見てみたいのですが、近所にショールームがないのが残念なところ。

タチカワブラインド製品を販売しているお店はあるようなのですが、間仕切りがおいてあるかは不明・・・

パナソニックの間仕切り

最近パナソニックのショールームで見つけた間仕切り。

パナソニックの間仕切りパナソニックの間仕切り

タチカワブラインドの間仕切りは下レールが付くのですが、パナソニックの間仕切りは上吊りタイプなので下にレールがないそう。

下レールなし下レールのない間仕切り

これは見た目もスッキリとしていて良いですよね!

さらに階段付近は出入りも多く埃が溜まりやすい場所なので、レールがないのはかなり魅力的。

採光部はガラスとアクリル素材から選べるようです。

ただしお値段がちょっとお高めなのが難点。少しお安くしてくれると嬉しいのですが・・・

リクシル ラシッサ可動間仕切り LZB

リクシルのショールームでもわたし好みのかっこいい間仕切りを発見しました!

リクシルの間仕切りリクシルのラシッサ

こちらも上吊り方式で、下レールの代わりにガイドピンがついているタイプ。(下レール付きも選べるようです。)

 

そしてリクシル《ラシッサ》の可動間仕切りの良いところはセミオーダー感覚で自分好みにカスタマイズできるところ!

規格品は4段とも採光窓ですが、オプションで木パネルをつけることも可能。位置は1段ずつ指定できるそう。

リクシルのラシッサ採光窓をカスタマイズ

そして採光窓はアクリル素材の他にガラスも選べるのですが、これが透明ガラスだけでなくチェッカーガラスやかすみガラス、エッチングガラスなど色々な種類から選べるそうで。

セミオーダーっぽくて選ぶのも楽しそう!個人的にはチェッカーガラスが好き。

デザイン・性能ともにかなり気に入ったのですが、こちらもお値段が高いのが難点。お財布と相談かな💦

・・・と思っていたら楽天でお安く販売されているのを発見。これは要チェック💡